話合い活動を習慣に

自分から動いて、積極的に考えを伝え合っています
考える・話し合うポイントを明確に提示することで、児童同士の話合いで学習内容を確かめ合うことができます
低学年のうちから積み重ねることで、話し合いが習慣になります

「思考力・判断力・表現力」という、今強く求められている力を高めるためには、教師の指導を黙って聞いているよりも、児童が積極的に活動し、お互いに関わり合う時間を増やす必要があります。

特に、児童同士で話し合う活動は、大変重要になります。

効果的な話し合いにするためには計画的に授業を進める必要があります。

繰り返していく中で児童が話合いのよさを実感し、すすんで話し合いたいと思えるようにしていきたいと考えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です