予想と結果を比較して

4年生は、理科の時間に閉じ込められた空気や水の体積の変化について学習しています。

注射器に水を入れて、出口をふさいだ状態で押し込んだ際に体積が、どう変化するのかを予想してから実験を行いました。

体積の変化だけでなく、注射器を通して伝わる手ごたえ(圧力)など予想していなかったことが実験を通して分かりました。

予想しなかったことも、実験によって分かることがあると、実際に試してみることの大切さに気が付くよう指導しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。