9月9日(木)の給食

9月9日(木)

・ご飯

・鮭のさざれ焼き

・菊花和え

・しめじと小松菜の味噌汁

・牛乳

*本日9月9日は、「重陽の節句」です。重陽の節句は、平安時代に中国より日本に伝えられました。中国では、「奇数の日」が縁起がよいとされ、奇数が重なる日を祝い、節句としました。1月7日の「人日の節句」3月3日の「桃の節句」、5月5日の「端午の節句」7月7日の「七夕の節句」そして9月9日の「重陽の節句」を五節句と呼びます。9月9日は最も縁起がよいとされ、菊を浮かべたお酒を飲むと長寿になれるという言い伝えがあります。給食では、すまし汁に、菊の花の形をした蒲鉾を浮かべ、菊の花びらを和え物に加えました。鮭のさざれ焼きは、鮭にパン粉をまぶして焼いたものです。調理員さんが一つ一つ丁寧にパン粉をまぶしました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です